うむ。

  • 2016.01.16 Saturday

    なぜか。

    急遽。

    友人宅で書き初め大会に。

    今年の抱負を1文字で書くことに。

    去年も踏まえ。

    考える。

    むむむ。

    考える。

    ぬぬぬ。

    考える。

    ポクポクポクポク。

    チーン☆

    コレですかね♪



    かみなりさま

    • 2016.01.11 Monday

      今年、一発目に関わっている舞台の現場がある。

      自分は出演してはいないのですが、手伝いで入っている。

      うん。

      しびれる。

      役者は40、50代。

      凄まじいパワーにしびれる。

      とてもチャーミングでしびれる。

      演劇に向き合う姿勢にしびれる。

      俺のハートはビリビリである。

      作家、演出家、スタッフ陣のパワーにビリビリである。

      丸焦げである。

      大きな毎日という日常の渦の中で、人知れず、今日も刺激的な舞台が立ち上がってきている。

      目撃してほしい。

      刮目してほしい。

      この舞台を。

      ●ガマ発動機『明日から来た男』

      脚本 佃典彦(劇団B級遊撃隊)
      演出 高橋いさを(劇団ショーマ)

      風が吹きすさぶ荒地。
      そこに建っているのは小学校。
      何十年も前に廃校になっている。
      男が一人、小学校に帰って来た。
      男はかって風と共に現れた転校生。
      教室を眺める男の前に女が現れる。
      女はかつて吹雪と共に現れた転校生。
      さらに幻と呼ばれた転校生、光の国から来た転校生、
      鳥取から来た転校生…。
      次々と現れるかつての転校生たち。
      始まるのは学級会。
      曖昧になる記憶、崩壊する現実、不確実な未来。 

      ○出演:
      寺十吾(tsumazuki no ishi) 
      中原和宏 
      釈八子(tsumazuki no ishi) 
      宇鉄菊三(tsumazuki no ishi) 
      酒井健太郎 
      蒲公仁(個人企画集団*ガマ発動期)
      山下千景 野々村のん(劇団青年座) 牛水里美(黒色綺譚カナリヤ派) 
      伊東由美子(劇団離風霊船)

      ○タイムテーブル
      2/3(水)19:30
      2/4(木)14:30 19:30
      2/5(金)19:30
      2/6(土)14:30 19:30
      2/7(日)14:30


      ○チケット
      <全席指定>
      前売4,000円
      当日4,300円

      ○場所
      下北沢ザ・スズナリ




      謝謝

      • 2016.01.06 Wednesday

        拝啓 母上様


        『いつもいつもありがとう。

        こんなに大きく育ちました。

        そう。

        お腹が。

        パンパンでございまする。』

        という事で正月たるんだお腹と気持ちに喝を!

        一念発起!

        行ってまいりました!

        日本一の石段へ!

        段数3.333段!



        やってやろうじゃないの!

        ぬぉーーー!!!




        どぅおーーー!!!





        ぶぇっげっへ、!、。




        終わりが見えない。。。
        くそ、負けてたまるものか。




        だが。

        はじまりがあれば、終わりもある。
        ソレが、宇宙の摂理。

        そう。

        登りきったぞーーー!!!




        今年は寝正月を吹っ飛ばしてやりましたよ。。。
        ばってん、止まってるだけなのに何故か足が震えております。
        ナゼ?
        人間の身体の神秘に今日も出会い、明日も生きてやるばい!


        新しい年

        • 2016.01.01 Friday

          明けました!!!

          そしておめでとうございます!!!

          皆様、様々なお正月を迎えていらっしゃる事でしょう。

          自分も実家に帰りまして、今年も家族とお正月を迎える事が出来ました。

          とても大切な時間。

          日々に感謝。




          皆様にとっても良き1年になりますように!

          本年も何卒宜しくお願い致します!







          師走

          • 2015.12.27 Sunday

            はしもさん>
            『先日のブログへの返信ですw
            運命とは怖いですね☆
            最後は前澤くんとお互い気持ちがひいて別れました。』



            そんなこんなで師走もあと少し!

            だが!

            まだむだ終わりじゃございやせん!
            皆様、まだまだ仕事納めの方や忘年会祭りの方や様々でございましょう。

            あたくし、アイフォン使っているのですが、ひょんな事から写真の検索欄に1年前という表示を発見。
            興味本位で検索して見たら年末呑みまくってる呑みまくってる。

            プロレス観戦後の呑みやら同郷の仲間との呑みや日頃御世話になってる人達との呑みやら友達との呑みや♪

            まぁ、今年も変わらず、お礼(建前)も兼ねて呑みの席に出せるものは出させて頂いておる次第です!

            日々突っ走れ!
            あ、モチロン呑み以外でもですよw





            出逢うべくして出会う

            • 2015.12.22 Tuesday

              世の中には無数の偶然という名の奇跡が存在する。

              運命とはおもしろい。
              引かれ、惹かれ合うものなのだろう。

              それは必然の如く。

              朝の冷たく優しい風に頬を触れられ、今日も新しい1日がはじまった。

              その日は朝が早く、始発に近い電車に乗り込み、仕事に向かう。

              車内はまだヒトもまばらで、一、二時間後にはラッシュでごった返す険しい表情とは思えないほど、人見知りな車内がボクを迎えてくれる。

              ゴトンゴトン、ゴトンゴトン、自直に真っ直ぐなカレは今日もボクを約束の場所迄送ってくれ、決められた時間に届けてくれる。

              カレに「ありがとう」とお別れ告げ、改札へと向かう。

              その時。

              一つの影が眼の隅にひっそりとあらわれた。

              その気配は徐々に近づいてきて、ついに僕のパーソナルスペースを超えた瞬間、驚きを隠しつつも冷静を装い、顔を見上げると、そこには!

              前澤

              コウヤくん。

              が。。。

              。。。

              彼も仕事であさが早く、その時間、その瞬間、偶然この場所で出会った。

              世の中には無数の偶然という名の奇跡が存在する。

              運命とはおもしろい。
              引かれ、惹かれ合うものなのだろう。

              それは必然の如く。

              って、コウヤかいっ!

              お互い気恥ずかしくて、照れ笑いじゃい。

              でも逆にクリスマスじゃなくて良かったわい!
              ありがとうございます。

              また明日も頑張ろう!













              そんなある日

              • 2015.12.16 Wednesday

                人間生きてる中で、ちょっとした出来事でドキッとする瞬間がある。

                日々の生活、演劇以外での仕事も自分はしています。
                その日、初めての現場で、そのビルの食堂のおばちゃんとタマタマすれ違い、挨拶をし、そのオバちゃんの業務が終り
                戻られた際、僕にこんな言葉をかけて頂き、ドキッとした。
                『笑顔で挨拶されたから、笑顔で挨拶返しちゃった。』
                確かに笑顔で「お疲れ様です♪」みたいなやり取りしたなと思ったのですが、こんな事を言われたのは初めてだ。

                正直、嬉しかった。

                人に対する接し方のスタンスは千差万別で、正解はない。
                どっか自分の自己満だったりなんかする。

                でもこういう事を言ってくれる人の事を素直に聞いてもバチは当たらないなっと思った次第でした☆





                そういえば

                • 2015.12.11 Friday

                  よく考えてみると今まで部屋にお花や観葉植物など特に飾った事がないなとふと思った。

                  いや、しいて言うなら、芝居で頂いた花を飾ったぐらいなものだ。

                  とても日常性はない。

                  というのも、最近僕の周りで多肉植物を育ている方がいらっしゃって、ちょっと興味が湧いた次第なのだ。

                  種類も豊富で、様々な形がありとても興味深く、気になりはじめている。

                  自分の部屋に植物。

                  どぎゃんしようかね。

                  ばってん、こぎゃん機会がなかと花屋さんには中々出向かんけん、ちと試しに近所の花屋さんば覗いてみようかね☆
                  (o^^o)/



                  今日も、またおわる

                  • 2015.12.06 Sunday

                    そして、つづいていく。

                    無事に終演。



                    今回は音響と黒子で作品に参加したりしましたが、それ以外にもイベント自体の仕込みやバラシ、舞台裏の転換要員や制作運営補助で参加したりのノンストップぶっ飛ばしの2日間。

                    こちらも音速を越えるスピードで幕を閉じました。

                    この企画に参加出来、また一つの財産がふえた。

                    深沢座長が言っている縁が繋がり、一つの円になる。

                    この坂本弘道さんも又大きな吸引力のある人で沢山のアーティスト達が参加し、一つの大きな渦になる。

                    参加させてもらう事で、自分にとって新しい世界が広がった大きなフェスティバルでした。

                    刺激的な2日間。

                    ドンドン突っ走ろう。



                    これは、朝食をとった際、ホットドッグのウィンナーが綺麗に飛び跳ね、僕のホットコーヒーに入り、ウィンナーコーヒーが出来た瞬間です。
                    僕のウィンナーコーヒーはとても青春の苦く甘酸っぱい味がしました。

                    さぁて、また今を新しくつづけていきますかいな☆




                    炎のチェリスト中華街へ再び

                    • 2015.12.01 Tuesday

                      自分のおわりのつづきは

                      以前レトロと平行して関わっていた横浜未来演劇人シアター時代からのお付き合いで『炎のチェリスト坂本弘道』さんが中心となり、今週末開催されるフェスティバルに友人の団体が演劇で参加し、その音響オペで参加だぁー!

                      2013年にこのフェスティバルが開催され、その際はダンス(笑)で参加したものだ☆
                      (*横浜未来演劇人シアター時代に伝説の娼婦ヨコハマメリーさんを題材に野外公演「市電うどん」に生演奏で坂本さんも参加して頂いた作品を少人数で踊りました。御興味ございましたら市電うどんで検索したらその野外公演の動画出てきます♪)

                      音響オペなど普段はやらないのですが、頼まれたからには仕方ない。
                      theater 045 syndicateでいっちょ暴れてきます!
                      モチロン静かに☆

                      その他にも孤独のグルメで知られる久住昌之さんの歌やプロジェクターQという普段の生活で見つけた面白画像をみながらのトークがあったり、以前から親交の深い人達が出まくりで、紹介し続けたら大変な事になるので、出ている人を見てピンときましたら是非(o^^o)

                      見所満載で濃厚で濃密な祭りです!

                      『フェスティバル 蝶と骨と虹と 2015 』

                      @横浜中華街・同發新館

                      夢と狂気、共鳴と孤独、
                      新たな音楽フェスティバルを創造すべく立ち上げた「フェスティバル 蝶と骨と虹」が、2年ぶりに帰ってきます。舞台はもちろん、同發新館。歌、ダンス、芝居、パフォーマンスが中華街のど真ん中でクロスする、
                      懐かしき回想の未来都市ヨコハマへ、いざ!!

                      □12月5日(土)DAY1 
                      開場13:30開演14:00 終演19:30予定

                      ダンス、演劇、音楽、何でもアリ「横浜メリー・ゴーラウンド!」

                      ◆オープニングスペシャル 坂本弘道(チェロ)+ハマジ(映像)
                      ◆偉伝或〜IDEAL〜 with 小川輝晃(殺陣パフォーマンス)
                      ◆ワタリダロケット「濡れない猿」
                      [原案:芥川龍之介『羅生門』/脚色・演出:木村和博(いきずり) /ドラマトゥルク:有吉宣人/出演:織田裕之(ワタリダロケット) 野々山貴之(俳優座)](演劇公演)
                      ◆久住昌之(弾き語り)+栗木健(パーカッション)
                      ◆久住昌之プロジェクターQ(面白映像&トーク)
                      ◆依田朋子「野中麻友」(ダンス公演) 共演:坂本弘道
                      ◆theater 045 syndicate「マイ・サクリファイス」
                      [作・演出:中山朋文/出演; 今井勝法 中山朋文 井上英行](演劇公演)
                      ◆スペシャルセッション 目黒陽介(ジャグリング)+マルコス・フェルナンデス(パーカッション)
                      ◆カネコアヤノ(弾き語り)
                      ◆Godbe | dance
                      [構成・演出:村井雄(開幕ペナントレース)/振付・出演:神在ひろみ](ダンス公演)

                      □12月6日(日)DAY2 
                      開場14:30開演15:00 終演18:00予定

                      遠く、高く「無重力音楽会」

                      ◆99roll「月とナノサウルス」
                      [作・演出:菅野直子/馬頭琴:フルハシユミコ/出演:横浜市立大岡小学校5年2組有志 上野智子 古川真央 他
                      /美術:モトカワトヨコ 鈴木貴美子/演出助手:千葉瑠依子)](光と影のパフォーマンス)
                      ◆フィッシュオン[諏訪創(ドルサイナdolcaina)+能勢一平(パーカッション)](日本初、カタルーニャトラッドスタイルのドルサイナユニット)
                      ◆東北6県ろ〜る小 [白崎映美(vo)+伏見蛍(g)]
                      ◆原マスミ(vo,g)
                      ◆蝶骨レインボーオーケストラ×少年王者舘ダンス
                      蝶骨レインボーオーケストラ:
                      小森慶子(sax,cl)、斉藤哲也(kb,etc)、伏見蛍(g)、松井亜由美(vln)、三木黄太(cello)、栗木健(drs)、諏訪創(ドルサイナ)、坂本弘道(cello)
                      ボーカル・コーラス:白崎映美、植野葉子、神在ひろみ、山丸莉菜、廣田裕美
                      少年王者舘ダンス:池田遼、山本亜手子、雪港、日与津十子、山村涼子、山丸莉菜、夕沈 <振付:夕沈、池田遼>

                      会場;同發新館
                      横浜市中区山下町164番地
                      http://www.douhatsu.co.jp/sinkan/

                      チケット:
                      両日とも、前売¥3500当日¥4000(ドリンク、点心等選べるおまけ付)
                      フェスティバル2日間通しパス¥6000(前売りのみ、両日ドリンク、点心等選べるおまけ付)
                      *学割・500円割引(要学生証提示・通しパス適用外)

                      ご予約、お問い合わせ:
                      080-1980-0717 theater045@yahoo.co.jp(ナカヤマ)
                      chou.hone.niji@gmail.com (サカモト)

                      *メールでのご予約の際は、お名前、希望日、予約枚数、連絡先を明記してお送り下さい。
                      *入場方法:受付時に整理券を発行します。
                      *チケットはすべて当日精算です。
                      フェスティバル・オーガナイザー:坂本弘道
                      製作総指揮:大西一郎
                      運営:中山朋文、菅野直子、栗木健、織田裕之、田辺明
                      音響:橋口修(サウンドオフィス ミル)
                      照明:阿部康子
                      映像:浜嶋将裕
                      フライヤー制作:尾道幸治

                      この様なラインナップでお送り致します。



                      横浜未来演劇人シアター時代は役で坊主になる事が多く、終わってすぐにレトロで公演があり、役に合わず、皆んなに怒られたものだ(笑)


                    • カレンダー
                    • S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << May 2020 >>

                    • 最新の記事
                    • カテゴリ
                    • 過去の記事
                    • コメント
                    • リンク
                    • プロフィール
                    • ブログ内検索
                    • その他
                    • mobile
                    • qrcode

                    • powered
                    • 無料ブログ作成サービス JUGEM