あっという間に1週間

  • 2015.11.30 Monday


    本番が終わって、あっという間に1週間。
    写真は、劇団ハーベスト山本萌花と。

    この1週間の間に、早くもこの山本と次なる仕事をしました。
    それは彼女の劇団、ハーベストの冬の特別公演の稽古と公開稽古。

    今回は演出協力ということで参加しています。
    演出、ではなく、演出協力。

    というのも、今回は劇団員が演出を担当するのです。
    だから、その稽古を後ろから見ながらいちゃもんつけるのが僕の仕事です。
    さっそく先週末からいちゃもんをつけまくってきました。

    結局、演出家がブレてはいけないので、何をやりたいのか見極めながらアドバイスという名のいちゃもんを付けるわけですが、劇団員は決して演出家ではないので、何をやりたいのかはそんな簡単にまとまりません。しかも、生きてきた年月が大人とは違いますから、ボキャブラリーもたりません。そこをうまく補足しながらフォロー出来ればと思っています。

    というわけで、レトロでは出来ない世界がそこにはあります、劇団ハーベスト。
    ぜひお越しください!!


    劇団ハーベスト冬の特別公演
    季節はずれの収穫祭
    〜Are you ready for New Year’s Eve?〜


    日程:2015年12月24日(木)〜29日(火)
    会場:アトリエファンファーレ高円寺

    劇団ハーベスト公式サイト:http://her-best.net/



    個人ブログ『学びの生活

    「おわりのつづき」のおわりとつづき

    • 2015.11.25 Wednesday


      劇団レトロノート2015本公演『おわりのつづき』が終演しました。
      ご来場くださったみなさま、ご声援くださったみなさま、誠にありがとうございました!

      久しぶりの一幕芝居ということで、「こんなに難しかったか?」と唸りました(笑)
      レトロの立ち上げの頃はよくやっていたので、特別いつもと違う難しさを感じるとは思っていませんでしたが、何だかとてつもなく難しかったです。これは年齢を重ねて、役や作品に対する感覚が20代の頃とは違うからなんでしょう。ポジティブに考えるとそんな感じです。

      再演をすることで、何か新しいことが見えると良いなと思って今年は「再演」を選択したわけですが、上記のことも含めて、予想していたよりも多くのことを学べました。お芝居というのは、本当に難しいということを思い知りました。

      パズルのようにワンピースずれただけで、全てのピースがずれていく恐ろしさを今回は痛切に味わいました。でも、そのお陰で自分のやりたい方向がハッキリした部分もあります。

      初演からこれまで積み重ねてきた時間は無駄ではなかったと自分たちを褒めてあげたいそんな気持ちです。

      打ち上げでは、冠仁くんと亜弥ちゃんに「公平は本当に役者を褒めない!」とクレームを言われました(笑)・・・確かにそうかも。劇団ハーベストの青山美郷にも同じことを言われたことがあります。自分では超褒めてるつもりなんだけど(笑)

      ま、役者は褒めないけど、自分は褒めま〜す☆
      13年、よく頑張ってきた!俺たち!

      座長に加入していただいて、さらに上乗せしてより良くより良く。。。

      改めて、僕ら劇団レトロノートは、支えてくださるゲストキャスト、素晴らしきスタッフ、そしてご声援くださるお客さま、皆さまの力で成り立ち、続けられています。全ては支えてくれていた皆さまのお陰です。再演をして、一番わかったこと。

      本当にありがとうございました!
      演出的な話は個人ブログにでも書こうと思います。

      また来年。

      劇団レトロノート・代表
      演出家 中村公平


      個人ブログ「学びの生活
       

      3日目4ステージ☆

      • 2015.11.20 Friday

        劇団レトロノート『おわりのつづき』3日目4ステージが終了いたしました。
        やはり本番が始まるとどんどん時間が過ぎていきます。明日はもう折り返し(>_<)

        舞台はナマモノです。
        特に今回の舞台はナマモノ感が強いです。
        というのは、1幕一場もの、つまり暗転がなく始まったら終わるまでずっとリアルタイムでお芝居が進行するのです。一度舞台に上がったら、ほぼカーテンコールまで舞台上に居続ける事になります。


        何か起きてもショーマストゴーオン。一度開いた幕は物語が終わるまで降りません。何が何でも前に進むんです。
        「空気が停滞してるぞ!」と思っても、仕切りなおすタイミングはなし!始まってしまったら後の祭り。だからこそ入念に丹念に計算しながら日々積み重ねてきたのです。今年は忍耐強く、それにお付き合い下さるキャストが揃ったので成り立ったようなものです。ありがたいです。

        数年前までは、1幕ものって普通にやってたんだけどなぁ。やっぱり芝居は難しい。でも、それ以上に面白い。
        明日も頑張ろう。

        土日の昼の回・千秋楽は、売り切れました!
        土日の夜の回のチケットはまだございます!

        あと残すはその2ステージのみです!
        ぜひお早めにご予約を!!!

        こちらから予約できます!


        お待ちしていまーす!!

        最終稽古!

        • 2015.11.15 Sunday


          早いもので10月初旬に顔合わせをしてから、もうひと月半。稽古最終日となりました。

          月並みですが、あっという間。

          今回も最終的には細かくしつこくダメ出しをし続けています。
          自分も出演しているので、そりゃもう大変(>_<)
          演助の中村靖子に大活躍してもらっています。

          さ、明日は小屋入り。
          いよいよみなさまにお会い出来ます。
          ぜひ劇場へ!

          ご予約、お済みでない方はこちらから!
          売り切れ回も出てきております!お早めに!!!

          チケット予約はこちら!
           

          ひとりカラオケ

          • 2015.10.31 Saturday


            稽古が順調に進んでいます。
            写真は、山本先輩と田畑亜弥ちゃん。
            何だかとても愉快です。
            楽しい作品になりそうです。
            ぜひお早めにご予約を!!

            ご予約はここをクリック!!



            ところで、みなさん「ひとりカラオケ」って行ったことありますか?
            僕は当然ありません。でした!
            一人でカラオケに入る勇気など僕は持ちあわせていません。でした!

            が、この頃行くんです。
            と言っても、歌いに言ってるわけではないんですが。

            最近、午前中のお仕事と夕方のお仕事の間がすごく空いてしまうことがあって、でも家からは遠いので一度帰宅するわけにも行かず。最初は喫茶店で過ごしていたんですが、飲み物を何度も注文すると高くつくし、パソコン用の電源を借りられる店を探すのも大変。

            というわけで、先日勇気を振り絞って、カラオケに一人で行きました。
            受付のお姉さんに「一人です」と示すために立てた人差し指の指先は震えていたはず・・・笑

            一人でフリータイムのドリンクバー付きで5時間滞在。
            しかも通された部屋はソファが3つもある大きな部屋。

            極楽でした。

            電源もあるし、音を全部切っちゃえば、とても過ごしやすい書斎です。
            ソファーをベッド代わりに仮眠を取ることも出来る。
            たまに隣の部屋からちょっと気になる甲高いラルク・アン・シェルが聴こえるくらいの完全なるプライベート空間です。

            これはですね、僕にとって大発見です。
            何時間居ても、誰にも文句を言われない。
            飲み放題、電源使い放題、寝放題、仕事し放題。気が向いたら歌い放題(^^)
            ​平日昼間は安いですから1,000円くらいです。
            これで1,000円なら、あちらこちらお店を探してうろつき回るよりよっぽどいい!

            ということで、これからは「ひとりカラオケ」で時間を有効に使いたいと思います。
            別にどうでもいい記事でした。
            さあ、ご予約を(笑)

            ご予約はここをクリック!!


            ※個人ブログ「学びの生活」もぜひ。

            レトロ稽古とハーベスト

            • 2015.10.24 Saturday
              IMG_1372.jpg

              「おわりのつづき」の稽古が絶賛進んでいます。
              膨大な細かいセリフにみんな悪戦苦闘していますが、一応順調?に進んでいます(笑)

              そんな中、本日は劇団ハーベストのミーティングです。
              冬公演について、みんなここ数週間必死で話し合いを重ねています。

              0からものを創るというのは本当に大変なこと。
              僕ももう20年近く演劇をやっていますが、毎回、「うぉ〜、しんどいなぁ」と思う事がないといえば嘘になります。

              それを繰り返し、しんどい先にある幸福に気付くことでずっとこの仕事を続けてきた気がします。
              毎度、「あーしんどい。あーたのしい。」の繰り返し。
              ある種の中毒ですね。

              ハーベストのメンバーもこの中毒にこれからドンドンかかっていく事になるんでしょう。
              今は学生ということもあり、世の中の楽しいことにたくさん触れる時期。
              仕事一本になった時、この繰り返しを「一生する覚悟があるか」を自問自答する。
              愉快な人生(^^)


              話をレトロに戻します。
              「おわりのつづき」特設サイトもジワジワと更新されています!
              チケットもまだ余裕はございますが、お昼の回は現段階で人気があり売れ行きが早いです。
              11月に入りますと、さらに加速する可能性がありますので、ご予約はお早めに!

              ぜひこちらをチェックしてください!
              おわりのつづき特設サイト

              ご予約はこちらから!
              ☆ご予約☆!ここをクリック!

              みなさまのご来場、お待ちいたしております!

              個人ブログ「学びの生活」もぜひ。

              リセットする

              • 2015.10.13 Tuesday


                本公演「おわりのつづき」の稽古がスタートしました!
                が、最初のうちは根を詰め過ぎてもよろしくないので、稽古スケジュールは緩やかです。

                今日は、久しぶりに娘との時間を過ごせました。
                公演の前や後に、リセットするためによく行く行きつけの神社(笑)に行きました。
                軽くハイキングも出来る場所にあるので、心も身体もリフレッシュ☆

                ここに来ると、自分をリセットできます。
                なんだかんだと心をすり減らす仕事ですので、リセットしないとぶっ壊れます(笑)

                貧乏暇無しとはよく言ったもので、本当に家でゆっくりする時間がありません。なのに、全然裕福になりません(^_^;)なんででしょうか?誰かおしえて(笑)

                働けど、働けど、我が暮らし楽にならず。じっと手を見る。。。

                金銭的には裕福になりませんが、心だけでも常に裕福でいないと、芸能なんてできません〜!
                ということで、リセットできたし、レトロの稽古も楽しくなりそうだし、というか、みんなもう仲良いし、素敵です。
                楽しい作品になりそうです。いや、なります。
                ご期待ください!



                 

                黒田さんとさいたまスーパーアリーナ

                • 2015.10.03 Saturday


                  だいぶ涼しくなってきた今日この頃、みなさまいかがお過ごしですか?
                  僕は毎日、さいたまスーパーアリーナに通っています。

                  と、その前に。
                  上の写真は「最高の食卓」の時の深沢座長とくろありちゃんこと黒田有彩ちゃん。くろありのブログでも報告がありましたが、黒田有彩、9月末日で僕も大変お世話になっているSMAを離れました。これからフリーで活動していくそうです。後ろ盾を自らなくすっていうのはとても勇気のいること。でも、もう一度前に進むために自分をより厳しい状況に置こうとするその決断をしたくろありちゃんを応援します。応援しましょう。引き続き、芸能活動は続けていくので、みんなで応援しましょう!益々の活躍を楽しみに!



                  さて、タイトルのさいたまスーパーアリーナですが、今年も昨年に引き続き、子どもたちと演劇をしています。さいたまスーパーアリーナ主催の演劇ワークショップです。
                  8月に始まったこのワークショップですが、「最高の食卓」中もスーパーアリーナと劇場を往復したりしていました(笑)そして、明日はいよいよワークショップの発表会です!

                  今年も子どもたちにも台本を書いてもらいました。そして、去年と大きく違うのはコンテンポラリーダンスのワークショップも並行して行われていて、発表も演劇とダンスを一緒にやるんです。

                  ダンスの先生は、佐藤美紀さん。
                  素晴らしい経歴をお持ちなだけでなく、子どもたちとのコミュニケーションの取り方など、僕も大変勉強させていただいています。その佐藤さんと僕で、演劇とダンスを組み合わせながら、発表会のプログラムを作りました。

                  演劇には昨年に引き続き冨田裕美子さんにもお手伝いしてもらい、さらに劇団ハーベストの高橋紗良にも参加してもらいました。
                  なんと!発表会には子どもたちに混ざって二人も出演しちゃいます!



                  というわけで、

                  「身体表現ワークショップ2015 in さいたまスーパーアリーナ」

                  10月4日(日)17時〜@さいたまスーパーアリーナ内のスタジオ「TOIRO」
                  入場無料☆


                  約1時間弱の発表会ですので、お時間ある方、お近くにお越しの方はぜひご来場ください。
                  未来を担う子どもたちのキュートで楽しい演劇をご覧いただけます!

                  というわけで、発表会、頑張ろう!


                  あ、忘れちゃいけない(笑)
                  本日10月3日は劇団ハーベスト望月瑠菜の18歳の誕生日。
                  おめでとうございま〜す!
                  瑠菜も次々と客演しています。
                  瑠菜出演中の「happy skip」は4日千秋楽。
                  清澄白河・中村学園にて。
                  ぜひ足をお運びください。

                  4日は山本萌花も千秋楽。
                  「竜の落とし子」
                  下北沢・GEKI地下リバティです。

                  青山美郷も大阪での千秋楽。
                  「タンゴ 冬の終わりに」
                  森ノ宮ピロティホールにて。

                  というわけで、4日は大忙しの日曜日!
                  よろしくお願いしまーす!

                  出逢い

                  • 2015.09.28 Monday


                    引き続き「最高の食卓」のお話を。

                    今回、主宰の宮田幸輝くんにお誘いいただいて演出を担当したわけなのですが、彼のお陰で本当に様々な出逢いがありました。
                    写真のキャスト、この出逢いは間違いなく僕の財産になりました。ガチンコで初対面の俳優さんも、観劇で一方的に知っている俳優さんも、久しぶりの再会の俳優さんも。多方面から集まったキャストの皆さんとご一緒できたことはとても嬉しかった。

                    そうそう、田畑潤弥に関しては潤弥が演技を始めたいっちばん最初にレッスンしたのが僕だったりするんです。巡り合わせですね。さらに、次のレトロにはお姉さんである田畑亜弥さんが出てくれます。縁は繋がるなぁ。

                    何だかホントに個性的なキャスト陣でした。とにかくみんな一生懸命。当たり前だけど、当り前じゃない(^^)一緒にもがき続けてくれた戦友です。

                    あ、ネタばらしじゃないですが、この写真にコックの衣装で写っている藤代太一さん。日替わりゲストで千秋楽に出演してくれた彼ですが、彼は俳優であり本物の料理人でもあります。なので、最後のマイムで行われる調理のシーン。あれは太一くんが監修してくれました。僕はレシピをみんなに配布して、あぁでもないこうでもないと自分知識だけで乗り越えようとしていたんですが、さすがプロ。「ここはこの方がリアルに見えます」的なアドバイスをたくさんくれて、あんな素敵なシーンとなりました。
                    ほら、ゲストの知恵まで使っちゃう(笑)どんだけ体たらくな演出家だ!って話です(笑)

                    キャスト一人ひとりについて書きたいのは山々ですが、長くなるのでやめておきます。
                    また高みに登って再会したい人ばかり。
                    再会した時に今回の思い出話とともに細々と書こう(^^)

                    もう一点。スタッフさんとの出逢いも素晴らしかったです。
                    制作協力のレージさんはじめ、音楽の古井さん、音照さん、舞監の山さんに美術のアベさん。そして何と言っても作家の荻田美加さん。初めてご一緒する方ばかりで最初はキチンと自分の思いが伝わるだろうかと悩みましたが、打ち合わせる度にみなさん僕を理解しようとしてくれる素晴らしき人々でした。この出逢いも宮田くんのおかげ。
                    あ、忘れちゃいけない。演出助手をやってくれたのは出演もしていた中村靖子です。こいつは頑張り屋や!!

                    というわけで、今回の出逢いの喜びを書きました。



                    この写真のように、これまで僕を支えてくれた人も。新たに出逢う人も、両方を大事にしながら縁を繋いでいきたいと思います。



                    コメントの御返事を

                    >マーセナリーさん
                    まずは、すごく立派なお花を本当にありがとうございました!すごく嬉しかったですし、劇場入りしてお花を見るたびに「応援してくださる方がいる」という身の引き締まる思いを毎日感じていました。

                    「公平マジック」なんて、そんなだいそれた事は何もしていないんです。ただ、マーセナリーさんもおっしゃってる通り、僕はサディスティックなマゾヒストなんです(笑)

                    観るものに関しては蜷川御大のように全て己の感覚に当てはめる絶対的な演出のお芝居も好きです。が、自分が創る時にそれをやりたいかというと、また別の話で(^^)
                    というか、蜷川さんの場合は絶対的な構築が脳内でされているからあれが許されるのですよ。僕みたいなペーペーは自分なりの演出ラインを持っていないと太刀打ちできません。もちろん、まだ足元にも及びませんが(笑)なので、如何に素材を味わい尽くして追い込んで、自分も追い込まれて…の場所にいけるかが大事なわけです。

                    でも、基本的には結構細かく演出付けるんですけどね(^_^;)
                    みんなにとっては「固定しないなぁ」の方がイメージが強いんだと思います。実際、初日直前まで流動的にしちゃったりもするので。。。

                    あと、ひとつ。独白シーンでの俳優の前横切りですが、あれはわざとです。むしろ、俳優陣は生理的にもキチンとみんな後ろを通っていましたが「ドンドン前を横切ってくれ」と僕がお願いしました。全ての時間はリアルタイムで進んでいると言う事を表現したかったので、あえて横切らせました。独白をしている人間は独白をしているのではなく『料理しながら、頭で思い描いている言葉が溢れている状態』に昇華させたかったのです。そのための策でした。が、意図が伝えきれなかった。ということです(;O;)ネタばらし(笑)お恥ずかしい!!

                    今年もまだレトロ→ハーベストと続きます。どうぞよろしくお願い致します。急に涼しくなってきました。ご自愛ください。




                    >大阪のおばちゃんさん
                    ご観劇、ありがとうございました!
                    すごい巡り合わせでご来場くださったんですね。森さんに感謝しなきゃ(^^)
                    冠仁さんも森さんもレトロに出てくださっていますし、今日のブログじゃないですが、本当に縁を感じますね。
                    須加尾くんも僕はセレソンで一方的に知っていただけなので、今回一緒に作品を創れてとても嬉しかったです。
                    縁っていうのはホントにありますね。

                    最後の料理のシーンですが、今回は台本を頂いた時に「料理を通じて伝えたい」という前提があったので、最初の段階から劇場中に料理の香りを広げるっていうのは決めていたんです。が、実際やってみるとなかなか会場全体に香りは広がらず。。。そこは苦労しました。
                    観客の皆さんのお腹を鳴らすっていうのが僕の目標でしたので(笑)、まんまと引っかかりましたねぇ〜〜\(^o^)/シーンの作り方に関しては、上記の通り藤代太一くんに監修してもらいあんな素晴らしいシーンになったのでした。

                    ぜひレトロの会場でもお声掛け下さい。
                    またお会いできるのを楽しみにしています!
                    今回はコメントありがとうございました。

                    最高の食卓☆多謝

                    • 2015.09.23 Wednesday


                      ONE DAY STAGE『最高の食卓』が無事終演いたしました。ご来場、ご声援、誠にありがとうございました。
                      美しいお花もたくさん頂きました。ありがとうございました!!

                      さて、毎度の事ですが、作品をひとつ創るというのは大変です。

                      色々な考えをひとつにまとめながら、思い描くイメージにじわりじわりと近づける。
                      演出というのは面白いけれども、なかなか思うようには簡単に進まないので「根気」が必要です。根気は必要ですが、短気は損気(笑)。気長に自分のプランに沿うように場を作り、物語を形作っていきます。でもまぁ、そのプランごとひっくり返されるなんてこともままあります。それでもやはり根気あるのみ。。。そんな日々を稽古中は毎日送るのです。

                      豪腕ふるってガチンガチンに決めてしまってもいいけれど、それじゃ誰がどの役をやってもいい事になってしまうわけで、つまらない。だから自動的に茨の道を選ぶんですね、僕の場合。「俺は勝負しますよ!だから役者も勝負しなさいよ!」って言いたいから。笑

                      俳優はまずは四の五の言わず、自分のやれることを必死に演出と共演者に提示して、周りの人間を自分の演技で動かす。ってのが大事。「その場にいる」っていう役の大前提は維持しながら、俳優としての脳みそをフル稼働して役の目線を創り出し、どんどんと自分のプランを提示する。演出と俳優の健全な関係はここにある気がします。

                      「最高の食卓」の稽古場で最も気にしたのがここでした。一方通行になってはいけない。が、俳優に不安を与えてはいけない。その瀬戸際を毎日狙っていました。目指したい方向は決まっているけど、なるべく答えを提示したくないから(提示すると、簡単にそこに心が向きすぎるから)、遠回しに遠回しに演出を付けていきました。

                      簡単に答えを言っちゃいそうな飲みニケーションにも参加せず(ホントはとても参加したかった笑)、とにかく程よく演者との距離を取ることに意識を向けていました。ま、全てが僕の思い通りにはいかなかったけど、演出と俳優が程よく責任を感じながら稽古をすすめることが出来た気がします。※もちろん、本番の出来の責任は演出家にあります。

                      というわけで、自分の劇団でもハーベストでもない久しぶりの外部演出で、もう一歩自分にも同世代の俳優陣にも負荷をかけられた気がします。

                      そして、作品の評価はお客さまが全て。
                      楽しんでくださっていれば、全ては報われます。

                      下の写真は、深沢座長と素晴らしきキャストの皆さん。
                      さらに下の写真は、実はもう僕の演出に4回もでてくれてる同い年の響・長友光弘さんです〜。
                      キャスト・ゲストの皆さま、スタッフの皆さま、ご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました!!



                    • カレンダー
                    • S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>

                    • 最新の記事
                    • カテゴリ
                    • 過去の記事
                    • コメント
                    • リンク
                    • プロフィール
                    • ブログ内検索
                    • その他
                    • mobile
                    • qrcode

                    • powered
                    • 無料ブログ作成サービス JUGEM