Underworld - Dark Train

  • 2015.12.19 Saturday
    別に特別ファッションセンスがある訳でもないのに、妙なこだわりばかり多くて困る。

    <以下順不同でこだわりの例>

    ポケットはなるべく多め。Tシャツは黒のみ。柄の入った靴下、指割れ靴下、踝の露出する靴下は却下。スニーカーは履くならNIKE限定。七分丈、ハーフパンツ、ノースリーブはナシ。ブランドのロゴが目立つものは禁止。Tシャツ、パーカーを除き襟のない物は着ない。汚れの目立つ服は選ばないし、汚れたら泣きたくなるような価格の服も買わない。路上で眠れる事が選択の基準。Tシャツの重ね着は不可、セーターやニットの物は着ない。ダウンジャケットもNG。

    冬は特に、何をどう着ていいのか分からないです。
    半袖半ズボンで走り回っていた子供の頃に、こういう時だけ戻りたい。




    Underworld - Dark Train

    90〜00年代中期までは、このバンドのCDは日本で発売されていない輸入モノまでほぼ全て持っていた。
    どういった面で?と聞かれると困るけど、間違いなく今の僕を形成する血肉となったバンド。

    …妙なこだわりばかりの僕の服の指向を形作ったモノは、何だろう。

    アンダーワールド(バンド)
     

    コメント
    >マーセナリーさん
    スクラッチはまあ嫌いじゃないんですけど、私もヒップホップはどうも苦手です。勿論他意はない表現ですが、黒いリズムより、白いビートの方が好みなんでしょうね。
    一昔前、ファッショントレンチを袖が擦り切れるまで着てましたね。勝手に懐かしい。
    トレンチの訳が塹壕というのは…、なるほど…知識が増えました。有難う御座います。
    • 前澤航也
    • 2015/12/19 8:43 PM
    かなり有名だと思うのですが、「トレイン・スポッティング」しか、記憶にないですなー。自分にとっては新しい?

    自分、リミックスは聞くのですが、スクラッチDJやヒップホップ物語り謡は絶対許せない方なのですよね。
    リズムを壊すなよ!ということだけが基準で。

    うーん、牘れたら泣いちゃう”はダメと言われると困るのですが、冬外装は「皮のトレンチコートの古着」がいけそうな気がするのです。別に普通のトレンチでも良いのですが、皮だと絶対風を通さないので。

    トレンチコートは名前の通り、「戦闘用塹壕で着るために作られたもので、布地のものでも防水防風効果も高く、各フラップを閉じていけば、頭を除いて、雨の泥沼の塹壕でもある程度しのいでいけるように出来ているので、路上に寝てしまっても様々な操作性で体温保持が出来ます。様々な部分にあるボタンがなぜついているか知るのも楽しいです。ちなみに狙うは「バーバリーのクラシックタイプ」現在のファッショントレンチにこの機能はありません。
    • マーセナリー
    • 2015/12/19 5:29 PM
    コメントする








       

  • カレンダー
  • S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

  • 最新の記事
  • カテゴリ
  • 過去の記事
  • コメント
  • リンク
  • プロフィール
  • ブログ内検索
  • その他
  • mobile
  • qrcode

  • powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM