Portishead - Roads

  • 2015.12.09 Wednesday
    何気なく見合上げた目線の先にあった換気扇に、「1985年製」と記載してあった。生誕30周年、おめでとう。
    その場から一歩も動かず、ただひたすら回り続けた君は、一体どんな人によってそこに取り付けられたのだろう。
    何故かいきなり気になりだすものの、調べる手段など無いと言って良いし、工事した本人でさえ覚えてない確率の方が高いだろう。

    人に歴史あり、なんて言うけれど、物にだって歴史あり、だ。
    記録にも記憶にも残らない程些細な歴史の積み重ね。

    僕が普段歩く東京の街。そこで目にするビルや、道や、高架線路…、景色たちの内包する一つ一つの歴史を類計したら、一体何百万年の地層の中を歩いているのだろう。


    Portishead - Roads

    結成から約15年でアルバムを3枚しか出していないバンド。別に意図した行為ではないかもしれないけれど、結果的に素晴らしいスタンスだと思う。
    映像は1998年のライブ。高く、張り詰めたテンションが素晴らしい。同音源のライブアルバムは今でもよく聞きます。



    ポーティスヘッド

    コメント
    >はしもさん
    色んなもののサイクルが昔と比べて随分短くなりましたね。まだこれからも短くなる傾向が続くのか興味が有ります。
    …というか、デジカメやipodはもうちょいもちません?(笑)
    • 前澤航也
    • 2015/12/19 8:36 PM
    30周年の換気扇、すばらしい〜
    デジカメもiPodも1〜2年でガタが来るし
    携帯電話(スマホ)も2年で選手交代も珍しくない中で、年季ものは愛おしいですね〜
    • はしも
    • 2015/12/14 10:53 PM
    >マーセナリーさん
    最新のアルバムでさえ既に結構前ですからねえ…。
    なるほど、サスペンス調というのは言いえて妙かもしれません。
    • 前澤航也
    • 2015/12/12 4:12 PM
    全く存じ上げないグループで。
    動画再生し始めてしばらくしてから、ストリングスが絡み始めるので、まるで「サスペンス映画のエンディングテーマ」のよう。
    航也さんの夜の街に浮かび上がる後ろ姿と相まって、

    主人公以外は全員崩れ落ち息絶えていて、主人公もどうしたらよいのか“ボー然と立ち尽くす”画が思い浮かびます。

    クラシックトランスのまるで反対側。
    • マーセナリー
    • 2015/12/10 8:37 PM
    コメントする








       

  • カレンダー
  • S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

  • 最新の記事
  • カテゴリ
  • 過去の記事
  • コメント
  • リンク
  • プロフィール
  • ブログ内検索
  • その他
  • mobile
  • qrcode

  • powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM